dmenuスポーツ

大相撲

コラム

相撲記者長山の歴史コラム 相撲記者長山の目「巡業の取材」その3

2019年8月7日 11:55配信

近年、日本人力士で一番の怪力を誇ったのが現浅香山親方の元大関魁皇。

“握力計を振り切って測定不能”とか

“凍った水道の蛇口を強引にねじって壊してしまった”

“中の詰まったビールケース左右の手に2箱ずつぶらさげて4箱いっぺんに運んだ”

などの様々な伝説がある。

関脇だった平成7年、日テレの24時間テレビの腕相撲大会に出場し、タレントのチャックウイルソンやプロレスラーなどを秒殺して、見事に優勝を果たした。どれくらい腕力があるのか興味が湧き、その後に行われた秋巡業で、魁皇に挑戦をしてみた。もちろん通常の腕相撲では全く勝負にならないのは明白なので、魁皇には人差し指一本で勝負してもらうことにした。結果は魁皇の指一本を右手全部で握っても動かせず、あえなく敗北。魁皇の恐るべきパワーには敬服せざるを得なかった。

そんな魁皇だが、抜群の素質がありながら長い間三役から抜け出せず、なかなか大関に昇進できなかった。「強い魁皇Aと弱い魁皇Bと2人いるみたい」と尋ねると、

「ホント、そんな感じだね。要は押し相撲とどう取るかなんだよね。負けが込んでくると自分でも何をしていいかわからない時がある。基本的に何か抜けているのかなあ。もっと集中力を持たないとね」

と自己分析。

この会話を隣で聞いていた、当時協会専属トレーナーだった小美濃氏は「魁皇はA、Bの2人ではなく、酔っぱらった魁皇Cの3人いるよ」と鋭い指摘。

普段は温厚な魁皇だが、お酒が入ると人格が変わるのは様々な角界関係者が証言している。

“行先が書いてあったバス停を引っこ抜いた”

“海外巡業で当時の境川理事長(元横綱佐田の山)に「はげオヤジ」と言いながら肩を組んだ”

“一緒に飲んでいた若い衆が血まみれになった”

など、酔っぱらい伝説も怪力伝説に負けないほど多い。

そのことにも触れると、

「酔うと記憶がなくなり、気がついたら部屋で寝ていたこととかも多いんだ。それで無茶なこととかをしているんですよね。隣の人がアザだらけになっていたりとかね(笑)。自分では全然覚えていないのですが、次の日いろいろと言われてどれだけ辛いか…(笑)。そういうことをしないようにと思っているですが、飲み始めるとどうしようもなくなるんです(笑)」

とシラフの魁皇は殊勝に語っていた。

その後、魁皇Bが徐々に減っていき、大関に昇進し5回の優勝を果たした。しかし魁皇Cはいつまでも健在だった。

次回に続く

スゴ得でもっとみる

コラム一覧に戻る

注目力士

トピックス

J.LEAGUE TICKET d払いご利用で×10 Point Up Campaigm!!観戦チケットをお得にGETしよう!2019年8月31日(土)23:59まで!

トピックス

競技一覧
トップへ戻る